藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜などの相続手続き、遺言作成など司法書士松田事務所にご相談下さい。

相続登記はお任せ下さい 藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所  司法書士松田岳史

藤沢駅北口徒歩6分   □交通アクセスはこちらです
〒251-0054 神奈川県藤沢市朝日町13番地5 ルート藤沢903号



藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜を中心に対応しております。
相続手続き、遺言作成、名義変更・相続登記おまかせ下さい。
ご相談お待ちしております。

お気軽にお問合せください
お電話受付時間
9:00~19:00

土日祝日も受け付けております。

0466-90-5341

代襲相続 相続人が先になくなっている場合

代襲相続とは、被相続人が死亡する以前に相続人となるべき者(推定相続人)が死亡その他の事由により相続する権利を失った場合において、相続人となるべき者が承継するはずであった相続分をその者の子(直系卑属)が承継することを言います。
簡単にいうと、先に亡くなってもらえるものがもらえないときに、その子が代わりにもらえるという制度です。

 

例えば、亡くなった方甲に、配偶者乙、子AとB、Aに子Cがいて、先に①Aが死亡し、次に②甲が死亡して甲の相続が発生した場合に、甲からみて孫のCが相続することをいいます。
 

代襲相続が発生すると

上記の例の孫Cは、先に死亡したAが受けるはずであった相続分を受けます。
Cの相続分は、Aが受けるはずであった1/4となります。
では、もし、上記の例でAに、子がCとD二人いた場合の相続分はどうなるかというと、
もともとAが受けるはずであった1/4を、CとDで均等に分け、1/8ずつ分けます。

再代襲

さらに上記の例で、先にAもCに亡くなっていた場合は、Cの子がさらに代襲相続します。
先に亡くなったのが第3順位の相続人の兄弟姉妹の場合は、その子供1代のみが代襲相続します。

代襲相続が発生しない場合

先に亡くなったのが、亡くなった人の配偶者や親などの直系尊属のときは、代襲相続できません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら
藤沢相続手続センター
司法書士松田事務所 司法書士 松田岳史

0466-90-5341

電話受付時間:9:00~21:00
(土日祝も受け付けおります。
メールtouki@matsuda-fujisawa.jp
(メールは24時間受け付けております。)

お問合せはこちら

 ご相談受付はこちら

電話受付時間9:00~19:00
土日祝日も受け付けております。お気軽にお問合せ下さい。

ごあいさつ

司法書士 松田 岳史

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

その他の登記の業務

 ご連絡先はこちら

続・遺言のご相談は
藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所
 0466-90-5341
faX 0466-90-5385
eメール
touki@matsuda-fujisawa.jp
 

住所

〒251-0054
神奈川県藤沢市朝日町13-5
ルート藤沢903
対応地域 藤沢,茅ヶ崎,
鎌倉,寒川,横浜,平塚他

アクセス

JR・小田急・江ノ電
藤沢駅北口徒歩6分

事務所概要はこちら