藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜などの相続手続き、遺言作成など司法書士松田事務所にご相談下さい。

相続登記はお任せ下さい 藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所  司法書士松田岳史

藤沢駅北口徒歩6分   □交通アクセスはこちらです
〒251-0054 神奈川県藤沢市朝日町13番地5 ルート藤沢903号



藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜を中心に対応しております。
相続手続き、遺言作成、名義変更・相続登記おまかせ下さい。
ご相談お待ちしております。

お気軽にお問合せください
お電話受付時間
9:00~19:00

土日祝日も受け付けております。

0466-90-5341

相続人になれない場合➀ 相続欠格

続人・法定相続分のページにあるように、亡くなった方の配偶者や子は法律上、相続人になれるとされていますが、一定の条件にあてはまると相続人になれなくなります。
その条件のうち二つのうち一つに相続欠格(民法891条)があります。下記が相続欠格の条件です。

相続欠格の効果 下記の条件にあてはまると、なにもしなくても自動的に相続となる資格を失い、次に順位の相続人に相続をする権利がうつります。

欠格事由(該当すると相続人になることができないことがら)

1号 被相続人(なくなった方)などを殺害
2号 殺害事実の不告発など
3号 詐欺・脅迫による遺言の妨害
4号 詐欺・脅迫による遺言の強要
5号 遺言書の偽造・変造・破棄・隠匿

相続人になれない場合② 廃除

相続人になれないもう一つの条件が、廃除(民法892条)です。
被相続人が、将来相続人になる予定の者から虐待などを受け、被相続人がその相続人に相続をさせたくないとするときは、家庭裁判所に請求して、将来相続人となるべき者から相続権を剥奪する制度です。

 

廃除をするための要件

1 遺留分を有する推定相続人であること→兄弟姉妹以外の相続人(子・父母など)から
  相続権をはく奪する場合であること。兄弟姉妹が相続人であるときは
対象と
  なりません。

  もし、兄弟姉妹に相続させたくないときは、遺言で他の人に遺贈をすれば、
  兄弟姉妹に権利はなくなります。

2 法律上の廃除事由があること
  ➀被相続人に対する虐待、②被相続人に対する重大な侮辱をすること、
  ③著しい非行があること。

3 被相続人が生前、家庭裁判所に請求することか、遺言で廃除の意思表示をすること

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら
藤沢相続手続センター
司法書士松田事務所 司法書士 松田岳史

0466-90-5341

電話受付時間:9:00~21:00
(土日祝も受け付けおります。
メールtouki@matsuda-fujisawa.jp
(メールは24時間受け付けております。)

お問合せはこちら

 ご相談受付はこちら

電話受付時間9:00~19:00
土日祝日も受け付けております。お気軽にお問合せ下さい。

ごあいさつ

司法書士 松田 岳史

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

その他の登記の業務

 ご連絡先はこちら

続・遺言のご相談は
藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所
 0466-90-5341
faX 0466-90-5385
eメール
touki@matsuda-fujisawa.jp
 

住所

〒251-0054
神奈川県藤沢市朝日町13-5
ルート藤沢903
対応地域 藤沢,茅ヶ崎,
鎌倉,寒川,横浜,平塚他

アクセス

JR・小田急・江ノ電
藤沢駅北口徒歩6分

事務所概要はこちら