藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜などの相続手続き、遺言作成など司法書士松田事務所にご相談下さい。

相続登記はお任せ下さい 藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所  司法書士松田岳史

藤沢駅北口徒歩6分   □交通アクセスはこちらです
〒251-0054 神奈川県藤沢市朝日町13番地5 ルート藤沢903号



藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜を中心に対応しております。
相続手続き、遺言作成、名義変更・相続登記おまかせ下さい。
ご相談お待ちしております。

お気軽にお問合せください
お電話受付時間
9:00~19:00

土日祝日も受け付けております。

0466-90-5341

相続人に認知症の方がいるとき

相続人に認知症などの方がいるとき

相続人のうち、認知症などで判断能力が不十分である方がいる場合は、
家庭裁判所に法定後見の申し立てて成年後見人を選任してもらい、
成年後見人が他の相続人と遺産分割協議をします。

法定成年後見制度とは

法定成年後見制度とは、認知症などで判断能力が全くない方の財産管理と身上監護をして、その方の権利擁護をはかる制度です。
本人の法定代理人として、成年後見人が家庭裁判所により選任され、
成年後見人が代理権などを行使して、本人の保護をはかります。
遺産分割協議の場面でも、被後見人(認知症の方)に代わって成年後見人が協議をします。

注意が必要な点➀

成年後見人は、常に被後見人の権利擁護のために行為をするので、
例えば、他の相続人が、協議の結果、土地を自分の名義にして
その上に自己の建物を建てようと後見を申し立てても、
後見人は被後見人の権利擁護のため行動するので、
被後見人の法定相続分を確保することになります。

後見を申し立てた相続人の思いどおりにならないことがあります。

また、一度、法定後見が始まると遺産分割協議が完了しても、
それで法定後見も一緒に完了することはなく、
その後も被後見人のために法定後見は続くことになります。

注意が必要な点➁~成年後見人と成年被後見人の利益が衝突するとき

例えば、遺産分割協議をする相続人の中の一人として被後見人ともう一人に後見人がいる場合に、被後見人の代わりに後見人が協議をしてしまうと、後見人に有利に遺産分割協議をしてしまうおそれ(利益相反)があります。そこで、家庭裁判所に後見人の特別代理人を選任してもらい、その特別代理人と後見人とで遺産分割協議をします。
すでに後見人に後見監督人が要る場合は、特別代理人を選任せず、そのまま後見監督人と後見人で遺産分割協議をします。
利益相反の場合に特別代理人や後見監督人と遺産分割協議をしないと、遺産分割協議は無効となります。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら
藤沢相続手続センター
司法書士松田事務所 司法書士 松田岳史

0466-90-5341

電話受付時間:9:00~21:00
(土日祝も受け付けおります。
メールtouki@matsuda-fujisawa.jp
(メールは24時間受け付けております。)

お問合せはこちら

 ご相談受付はこちら

電話受付時間9:00~19:00
土日祝日も受け付けております。お気軽にお問合せ下さい。

ごあいさつ

司法書士 松田 岳史

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

その他の登記の業務

 ご連絡先はこちら

続・遺言のご相談は
藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所
 0466-90-5341
faX 0466-90-5385
eメール
touki@matsuda-fujisawa.jp
 

住所

〒251-0054
神奈川県藤沢市朝日町13-5
ルート藤沢903
対応地域 藤沢,茅ヶ崎,
鎌倉,寒川,横浜,平塚他

アクセス

JR・小田急・江ノ電
藤沢駅北口徒歩6分

事務所概要はこちら