藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜などの相続手続き、遺言作成など司法書士松田事務所にご相談下さい。

相続登記はお任せ下さい 藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所  司法書士松田岳史

藤沢駅北口徒歩6分   □交通アクセスはこちらです
〒251-0054 神奈川県藤沢市朝日町13番地5 ルート藤沢903号



藤沢・辻堂・茅ヶ崎・鎌倉・寒川・横浜を中心に対応しております。
相続手続き、遺言作成、名義変更・相続登記おまかせ下さい。
ご相談お待ちしております。

お気軽にお問合せください
お電話受付時間
9:00~19:00

土日祝日も受け付けております。

0466-90-5341

寄与分 遺産の維持などに貢献した相続人がいるとき

遺産分割で考慮する必要がある寄与分とは?

例えば、亡くなった方が事業をしていて、長男が長いことその事業を手伝いその事業を維持したことにより繁盛させた一方、二男は事業を手伝うことなくサラリーマンとして独立している場合において、長男の貢献を考慮しないで、そのまま亡くなった方の遺産を長男と二男に分配すると不公平ということになることもあります。
その不公平を是正しようとする制度が寄与分の制度で、共同相続人中に被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした相続人がある場合に、その寄与をした相続人に対して、相続分以上の財産を取得させることをいいます(民法904条の2)。「特別」の寄与が必要となります。

寄与分を受けられるのは、相続人のみとなります。上記の例で長男の配偶者が事業の維持又は増加に貢献しても、原則、寄与分をうけることができません。内縁の妻にも認められません。

特別の寄与にあたる行為
・亡くなった方の事業に関する労務の提供
 農業や自営業を夫婦・親子が協力して行う場合

・亡くなった方の事業に対する財産上の給付
 亡くなった方の事業に単に資金を貸し付け、
 それにより倒産を免れ、さらに事業が発展した場合

・亡くなった方への療養看護
 単に療養看護しただけではなく、看護人を雇わなければならないところ、
 相続人の看護のおかげで、その費用を支出せずにすみ、
 財産の維持をした場合をいいます。

※配偶者が看護した場合には、夫婦間の協力扶助義務の履行にすぎないので、
 特別の寄与には、あたりません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら
藤沢相続手続センター
司法書士松田事務所 司法書士 松田岳史

0466-90-5341

電話受付時間:9:00~21:00
(土日祝も受け付けおります。
メールtouki@matsuda-fujisawa.jp
(メールは24時間受け付けております。)

お問合せはこちら

 ご相談受付はこちら

電話受付時間9:00~19:00
土日祝日も受け付けております。お気軽にお問合せ下さい。

ごあいさつ

司法書士 松田 岳史

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

その他の登記の業務

 ご連絡先はこちら

続・遺言のご相談は
藤沢相続手続センター

司法書士松田事務所
 0466-90-5341
faX 0466-90-5385
eメール
touki@matsuda-fujisawa.jp
 

住所

〒251-0054
神奈川県藤沢市朝日町13-5
ルート藤沢903
対応地域 藤沢,茅ヶ崎,
鎌倉,寒川,横浜,平塚他

アクセス

JR・小田急・江ノ電
藤沢駅北口徒歩6分

事務所概要はこちら